顔から垢がポロポロ?2日おきに洗顔後、お風呂で軽くこすると。。。角質?!

夜のお風呂では、メイク落し+泡洗顔でOFFしています。

ここのところ、洗顔後、顔を軽くこすると、アカのようなものが
モロモロとポロポロ採れる(涙)
最初の頃は、面白がってとっていたんだけど、
え?またぁぁあ?
なんて、2-3日おきのにでてくるの・・・時には翌日も・・・

いくら軽くこするといっても、最近の美容方法は
顔をこするのとにかくNG!!!!って言われてる。

こんなことして1年後シワだらけになったら(ドキっ)
心配になり調べたところ、

垢と思ってたそれがどうも違う?!

垢の正体は3種類考えらました。

1、垢。死んだ角質。(体をこするとでてくる、茶色黒いもの)
2、石鹸カス・石鹸垢(お風呂の湯おけにくっつく白いもの)
3、スキンケアに含まれる成分。(合成ポリマーの種類で「ジメチコン」「カルボマー」「シロキサン」「アルリル酸」「セルロース」)

最初は、体をこするとでてくる角質の垢だとばっかり思っていたんだけど、
肌のターンオーバーは正常な人で28日。
40歳となると40日ともいわれている。
2-3日おきに取れていたら角質層が、どんどんすり減って、
なくなってしまうではないか!?

そんなばかな!?

きちんと泡立てて洗顔しているので、
顔に石鹸カスが残るのも考えにくく、
使っている化粧品の成分を調べてみることに。

すると、「カルボマー」成分が入っていました。

カルボマーは、正式名称がカルボキシビニルポリマーと
呼ばれ、合成ポリマーの一種。
まるで悪い成分のようにも聞こえるけど、
一概に悪いものでもないみたい。
カルボマーはとろみのあるスキンケアやゲルなどに良く使われている。

使用感は、潤いを感じたり、ぷるぷる肌に
なったりするので配合されている。


なんで使われるのがというと、刺激が少ないのに、
微生物による汚染に強い性質があるそうです。
腐敗も酸化もなく、匂い無いから、防腐剤・酸化防止剤・香料などを
使わない化粧品には使用されていることが多いんだとか。
増粘効果が高いのが特徴。

無添加系スキンケアにも使用されている 
ちょっと安心したんだけど、こすらないと、化粧のりが悪くなるし、
しわ・たるみの原因になっても困る
このまま、頻繁にこすり続けるのはやっぱり心配だなぁ。

今使ってるスキンケアの使用を止める?

でも使用感はすごく気に入っているものばかり…
何かいい方法ないかなぁ…

ちょっと探してみようと思うところです。

 

つづき → 解消した方法をみる

 

スポンサーリンク

ブログの励みになるので、是非ランキングにポチッとお願いします*˘︶˘*
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

« »

▲このページの上へ