ハイドロキノンで[効果あるシミ見分け方!]わたしはハイドロキノンでしみ消し中!

ハイドロキノンスキンケア ビーグレン 質感

メラニン色素を淡白かする
漂白効果のある成分が「ハイドロキノン」


皮膚はもともと、細菌や外敵を内部への侵入を防ぎ、
ほとんど表面までしか浸透しないように作られているそうです。
ハイドロキノンが効くのも、皮膚の一番表面にある表皮のメラニン色素だけ。

だから、効くシミと効かないシミがあるんです。
わたしは効果がありました。
ハイドロキノン シミ効果あるシミ
———————————————————————–——————————————–

【効果のあるシミ】

❏老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)・日光黒子(にっこうこくし)
紫外線などの影響でできる「シミ」。別名日光黒子(にっこうこくし)とも呼ばれ、もっとも一般的なもの。
日本人の70%がこのシミとも言われてるそう。

❏炎症性色素班(えんしょうせいしきそはん)
ニキビ跡・虫さされ跡・かぶれ跡など、皮膚の炎症によるもの。

❏肝斑(かんぱん)
左右対称の頬骨の部分が一般できで、目の下・額・口の周りなどにモヤモヤとできるもの。
女性ホルモンのバランスが崩れれてくるのが原因なので、更年期にできやすい。
※肝斑の場合はトラネキサム酸服用薬が効果的。

 

【効果のないシミ】

❏雀卵斑(じゃくらんはん)
一般的に、細かいシミを総称して「ソバカス」といってますが、厳密には10代の頃からでき始め鼻を中心にでき、遺伝的な要素が多い。

❏脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
老人性色素斑が時間の経過(老化して)イボのように盛り上がってきたもの。

❏黒子(ほくろ)・色素性母斑(しきそせいぼはん)・母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)
黒アザの一番小さい形

❏痣(あざ)
アカや薄茶・黒などに皮膚が変色している部分

——————————————————————————————————————–

【ハイドロキノンスキンケアで体験中】
ハイドロキノンスキンケア お試し試供品
わたしが悩んでいるシミは、若い頃に日焼けしてできた「老人性色素斑」と
ニキビ跡でできた「炎症性色素班」。早々試してみることに。

試したものは「ハイドロキノン配合」のスキンケア。
お手頃なお試しサイズがあったんです(嬉)

強いお薬という情報もあり、炎症の心配や
自分の肌に合うかどうかはとっても大事と思ったです。
もし自分の肌にあわなければ、効果の実感は無理だもの。

ハイドロキノンを選ぶポイントは
●お試しセットがある!
●返金保証がある!
●送料が無料!
●電話勧誘が一切ない!
●肌や使い方の相談が問い合わせできること!

お肌の相談ができるのは、ポイントでした。

探して、使って、オススメだったのはこの2メーカーでした。
リアルに使った感想は → こっち
———————————————————————————————————————-

❏「ビーグレン(b.glen)」お試しセット 1,890円(送料無料)
アメリカ生まれ、医学博士開発、日本人向けに改良。即効性があるタイプ。

❏「アンプルール(AMPLEUR)」お試しセット 1,890円(送料無料)
日本生まれ、女性美容皮膚科開発、安心して使えるタイプ。

———————————————————————————————————————–

スポンサーリンク

ブログの励みになるので、是非ランキングにポチッとお願いします*˘︶˘*
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

« »

▲このページの上へ