こまかいシミのことを、ソバカスと一般的に呼んでいますが、
厳密に言うと、「細かいしみ」と「ソバカス」は別のものなんだそうです。

本当の「ソバカス」は、正式名称が雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、
まるで、うずらの卵の模様みたいに三角や四角い形が多く、
鼻を中心に散らばっているもの。
10代のころから現れ、遺伝的な要因が大きいそう。

ちなみに、ソバカスタイプはレーザー治療になるんだとか。
レーザーをしても再発する場合もあるそうです。

 
写真は、わたしなんです・・・
自分の顔に点在している細かいヤツは、ソバカスだとばっかり・・・、
調べてみると、鼻の周りより、頬の上部に多くあるし、
ソバカスではなく、細かいシミタイプのようです。

私みたいに「ソバカス」と勘違いしている、
「細かいしみ」タイプの人には、
美白スキンケアで消すことができるかも!

世の中の美白スキンケアのほとんどが予防タイプの成分が配合されていて、
それを「美白」といってうたっているのだそうです。

でも、本当に求めているのは、予防ではなく、消失です。
できたシミを薄くできる「美白」スキンケアを探していました

これに有効な成分が「ハイドロキノン」だということを知りました。
これ以外は、予防を目的にしたものが多いそうです。

これは、NHK「あさイチ!」でも「しみ特集」で紹介された成分。
実際、わたしも「ハイドロキノン配合」のスキンケアを使って、美白を実感中です。

「ハイドロキノン」自体、強い副作用のある薬なので、
それを安全に肌トラブルなく、低濃度でも浸透率をあげ
自宅で使えるようにドクターが開発したスキンケア使ってみました。

日本では、まだ種類が数多くないみたいです。よかったもの2つ紹介です。
(効果の現れるスピードで順位つけました、個人差があると思います)

1位「ビーグレン(b glen)」
2位「アンプルール(AMPLEUR)」

両方使ったからわかる実際に使った感想はこちら

 

 

ブログの励みになるので、是非ランキングにポチッとお願いします*˘︶˘*
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

にほんブログ村