【プラセンタ美容液使ってみた口コミ体験談】馬由来の原液がおすすめの理由

プラセンタ 原液美容液 おすすめ口コミ体験談

新しくなった【リマーユ プラセラ原液美容液】を使ってみた感想です。

「プラセンタ」には大きく分けると「植物由来」と「動物由来」があり、
「プラセンタ」とは英語で「胎盤」を意味するそうです。

胎盤は生命を育てる重要な役割を果たすために
そこには、たくさんの栄養素が含まれているんだそうです。

実は「植物由来」のプラセンタには胎盤がないので厳密に言うと
胎盤に近い働きをするエキスなんだそうです。
一方「動物由来」のプラセンタの原料は、馬・豚・羊の胎盤から
抽出したものが化粧品などに使われているそうです。

プラセンタ 原液美容液 リマーユ 口コミ体験談
プラセンタエキスにはミネラルやビタミンやアミノ酸などが
豊富に含まれているのが特徴のようです。また、

「植物由来」と「動物由来」の違いは、
動物性には天然の保湿成分「NMF(天然保湿因子)」と
「GF(成長因子)」が含まれているということ。

「NMF」は肌の潤いにとても近い成分で肌に浸透して馴染みやすく
「GF」は細胞を活性化させるために必要な栄養になるため
肌の代謝を高めシミやシワにとても良い役割があるんだそうです。

美容液と一緒に同送されたパンフレットにプラセラ原液美容液を使った
40日間の試験効果が紹介されていました(⊙⊙)‼
1日2回朝晩使用でこんなに効果が。個人差はあると思いますが。

プラセンタ美容液 効果 プラセラ原液 プラセンタ美容液 効果 リマーユ
 

さっそく、実際に使ってみると、少し白く濁った液体は
手のひらを傾けるとサラーッと流れ落ちるくらい
みずみずしく、わずかなトロミだけ。


プラセンタ美容液 植物動物 おすすめ口コミ体験談
のばすとあっという間に浸透して皮膚に吸い込まれる感じです。
まるで消えていく感じです。その消え方は
この成分の肌馴染みの良さを物語ってるようでした(⊙⊙)‼

正直、一般的な化粧品とは明らかに違う質感です。
ペタツキを残してわざとしっとり風をだす化粧品も多いですが
これは、つけて伸ばした肌の表面はサラサラなんです。

 

<使い方について>
洗顔後直ぐでも良いし、化粧水の後でも良さそうです。
20mlサイズは、クリスマスローズの花くらいの大きさのボトルで、
これを1日2回、1回5-6滴ほど使えば50日分あるそうです。

プラセンタ 馬 美容液 おすすめ口コミ体験談
シミやシワの気になる部分に指先でポンポン
抑えながら
重ね着けするのが良さそうです。

この美容液の魅力は、北海道でキチンと管理されたサラブレッドから
採取した「国産馬プラセンタ」を使っているところと、
そもそも病歴のある馬はサラブレッドにはなれないそうです。
「品質と安全性」を重視しているところが魅力でした。

動物プラセンタの中でも「馬」由来のプラセンタエキスには
豚に比べアミノ酸が多く含まれているそうです。

さらに、この「プラセラ原液美容液」にはプラセンタの他に、
馬由来の天然セラミドとサイタイエキスが配合されてあって
トリプル原液が配合されてある美容液。
他ではなかなか無い配合の美容液です。

プラセラ原液 口コミ おすすめ体験談 プラセンタ美容液 リマーユプラセラ美容液 全成分
「セラミド」はもともと肌にも存在している保湿成分なので
馴染みがよく保湿力がUPされること。
わたくし、サイタイ配合のスキンケアを今回初めて使ってみました。
「サイタイ」はへその緒からとれる貴重な成分で
活性酸素を抑える効果が報告されているそうです。
ここにもアミノ酸が豊富で、ヒアルロン酸も含まれていて、
肌荒れ予防や、たるみにも期待され、シミやシワにも良いらしい。

 

頑張って使ってふっくらさせていこうと思います。

プラセンタ美容液 効果 口コミ体験談 1
特殊な成分なので、50年以上続くキチンとした製薬会社から
作られている、そんなところも使ってみるきっかけでもありました。

「リマーユ プラセラ原液美容液 20ml 8,640円」です。
なかなか高級な価格なので、いきなり試すには勇気がいると思います。

初めての人限定でお試し5mlサイズ(約2週間分)1,080円で試せることも
できるので(2,700円相当の量が半額以下です)
それを使って確かめてみると良いかもです。

サラサラすぎてちょっとという人もいるかもしれないし、
ほぼ無臭ですが、若干不思議な臭いもあり苦手な場合もあるかもです。
【リバテープ公式ページ】⇒ 高級プラセンタとセラミド2週間分が1,080円


 

 

スポンサーリンク

ブログの励みになるので、是非ランキングにポチッとお願いします*˘︶˘*
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

« »

▲このページの上へ