【ハイドロキノンクリーム】人気おすすめはどれ?実際に使ってみました

ハイドロキノン クリーム おすすめ ビーグレン 口コミ 2

ハイドロキノンという成分は、できたシミを薄くする効果があるとして、
以前NHKあさイチの番組の「シミを消す特集」で紹介され話題になった成分です。

ハイドロキノンはもともと、自然界に存在する成分なんだそうです。
たとえば、コーヒーやいちごなどにも含まれているそう。
この成分の特徴は、できてしまったメラニンを還元する効果があるのだそうです。

成分自体はなかなか不安定で、酸化しやすかったり、
茶色く変色したり、ニオイがきつくなってきたり、

たとえば、下の写真は随分前に友人からもらった外国製の
ハイドロキノンクリームです参考まで。
1-2ヶ月くらい放置してたら蓋に付着したクリームが
変色して、匂いがきつくなっていました。
ハイドロキノン軟膏クリーム 海外製品 なので、開封後の使用期限が短かったりします。
また、日中の使用ができなかったり、
日焼け止め対策をきちんとする必要があったり、
いくつかの注意事項をきちんと守って使う必要があります。

それと、わたしの場合、塗った部分の皮膚が赤くなり、
不安になったこともありました。
人によって赤みがでたり刺激を感じたり、個人差があるんです。
そのため、皮膚科などで処方してもらい、通院しながら使うことが推奨されています。

わたしは赤みがでるのがどうも苦手で、それで、それがでない、
または、でにくいハイドロキノン配合のスキンケアを使っています。
使用中の赤みが気になる人には特におすすめです。

 

「ビーグレン」のハイドロキノン配合の
【キューソームホワイトクリーム1.9】です。
ハイドロキノン クリーム おすすめ ビーグレン 口コミ こちらのクリームは夜のみの使用で、顔全体に使えます。
日中は日焼け止め対策をしっかりする必要がありますが、
取扱は特別注意することはありません。

この、スキンケアブランド「ビーグレン」の優れているところは、
優れた働きをもつ成分を厳選して、キューソームという
小さな小さなカプセルで包み、それを肌の奥に浸透させる技術です。
キチンと浸透させるところを重要視しているスキンケアなんです。
特に不安定なハイドロキノン成分を、カプセル化することで
刺激を抑え安定した状態になるそうです。

ハイドロキノン クリーム おすすめ ビーグレン 口コミ 1
肌には本来バリア機能があるので、細菌などが内部へ侵入しないよう防いだり、
肌の内部の水分が蒸発しないような構造になっていて、つまり、
肌につけたからといって、なんでも浸透するわけではないそうです。

つまり、スキンケアには、肌の表面だけを覆うタイプと、
内部へ浸透できるタイプがあり、
浸透させるためには成分を小さなサイズにする必要があるそうです。
効果がある成分を塗ったから効くというわけではなく、
必要な場所まで浸透して、そこで効果を発揮できるかが重要なポイントなんだとか。

ハイドロキノンクリーム 人気おすすめはどれ? 
わたしが、はじめてビーグレンを使ったときに感じた効果は、
できたてのシミ、特にニキビの跡の色素沈着が当時は顔中にいっぱいあったので
それが薄くなっていったのが嬉しい変化でした。

薄くなるものと、ならないものがあって、
20代のころからあるような、古くて濃いシミなどは、ちょっと難しいように思いますが、新しく出来たてのシミには、良い気がします。
全体的に、くすみがとれて、肌が明るく感じました。
ふりかえると、それは、保湿もしっかりするようになったことで、
相乗効果もあったと考えられます。

以前、ハイドロキノンスキンケアを使ったときのレビューを参考にしてみてください ⇒ ビーグレンVSアンプルールを比較『使用したリアルな感想』
一言でシミといっても、いろんな種類のシミがあるので、
効くシミと、効かないシミがあると思います。
また個人差があるので、肌にあうかどうかとか、必ず薄くなるか、
など言い切れませんが試してみる価値はあるかもしれません。

ビーグレンには税抜1,800円のお手頃なお試しセットが充実しています。
もし興味がある人は、一度試してみるのがおすすめです。

 

【ビーグレン 公式ページ】 ⇒ 【ビーグレン 美白ハイドロキノンクリームお試しセット】

ビーグレン アンプルール 比較 口コミ

スポンサーリンク

ブログの励みになるので、是非ランキングにポチッとお願いします*˘︶˘*
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

« »

▲このページの上へ